SEO VISION THE SEO

アイレップ渡辺氏/JADE 辻氏 による対談イベント
THE VISION OF SEO – DemandSphere
に運良く参加できたので雑感を少し書いておきます。

ちなみにイベントの主催者は
SEOプラットフォーム DemandSphere
を提供する Ginzamarkets, Inc.。

元アイレップの 岡本氏が
同社に参加したきっかけで実現した対談。とのこと。

Discover/音声検索

「未来の”検索”」や「技術トレンド」の文脈で複数回言及された
音声検索とDiscover。
「もう少し影響が大きくなったら考える」つもりでしたが
触っておいた方が良さそうです。Googleレンズも。

キャリア

なぜseoを続けるか?10年後のキャリアは?
SEO業界で 20年以上のキャリアがある渡辺氏は
「変化し続ける”検索”は面白い」との回答。
自然検索だけでなく、動画や音声検索。
ユーザーの検索行動への強い興味が印象的でした。

普段ツールやデータばかり見ていると忘れがちですが、
1セッションの向こうにいるユーザーのことを忘れないようにしたいです。

「一行のログの向こうには、一人のユーザがいる – ihara2525’s blog」

“世界最大規模に複雑なシステムと向き合うのが面白い”
SEOの”神様”こと、辻氏の回答。

Technical-SEO が得意なイメージのある辻氏らしいというか、
たしかにGoogle以上に複雑なプラットフォームはそうそうないし、
世界トップレベルの天才達が数万人規模で関わっているGoogle検索。
世界の叡智が結集されているサービスと向き合う。
ことはギークにとってたまらない気がします。

今後身につけるべきスキル

SEOキャリアから派生してSEO担当者のスキルの話題に。

“Googleが賢くなるほど、
技術的(Technical)なスキルは重要度が下がり、
代わりに UI/UX やユーザー心理の理解がより重要になる”

これまでのSEOの歴史を踏まえても納得感があります。
Google がやりたいことを理解して、
キャッチアップしていく姿勢が必要。と理解しました。

キーワードの選球眼

“Google Analytics でキーワードを見れなくなった
2014年以降にSEOをはじめたSEO担当者は
キーワードの選球眼(?)が鈍いことがある”
との見解は新鮮でした。

たしかに、「昔のようにGAで各ページの流入KWを細かく見て」
のような分析はデータの制限でできなくなったので、
キーワードに対する”感覚”が前後の世代で異なるのかもしれません。
対策として、
“SEOトレンドとしっかり向き合い検索行動の理解度を深めるとと武器になる”
とのアドバイスをいただきました。

SEOはglobal

日本に居ると、忘れがちですが。
あくまで、Googleは Globalなプラットフォーム。
検索行動は地域によっても異なるので、視点のひとつとして重要だなと。
日本語以外でSEOやると、普段から意識できるようになるのかな…

ユーザー理解

渡辺氏はユーザー行動を理解するため、
深いコミュニティを見に行くそうです。

コミュニティのイメージ:デジカメ – 5ちゃんねる掲示板

確かにオタクユーザーのコミュニティに行けば
現場の声(オタクKW)が聞けますし、
ユーザーの特性や傾向なんかも把握できそう。
ちょっと今度やってみます。

SEOをどうやって推進すればいいか

“信頼”のひとことは重みが違いました。
信頼を得るために必要なのが”実績”。
そのため、進みが良くない施策やプロジェクトは
小さくても良いからとにかく早く実績を出す。が王道だよなと納得しきり。

SEOの未来

音声検索や動画検索など技術トレンドから見える
数年先の未来も楽しそうですが、
さらにその先の「スマーティブ」みたいな世界が待ち遠しいです。
※国立情報学研究所(NII)の「スマーティブ」PJTは頓挫したままです。

考えるコンテンツ「スマーティブ」 (丸善ライブラリー)

忙しいとなかなか機会がありませんが、
年に1回くらいは未来を考える時間を作るべきだと考えさせてもらえる
素敵な対談でした。

関連情報
アクセス解析の重鎮 小川氏の参加レポート

「SEOの技術バイブル」西山 悠太郎,小林 睦

雑感


数ある、SEO本の中でも非常に網羅的で実践的な良書。
「技術バイブル」と表題にあるのでテクニカルSEO中心かと思いきや
テクニカル、マーケティング、コンテンツの3大テーマと
実装 ~ 運用フェーズまで実務上の基本的なフローが網羅されています。

SEOの基礎を学びたい人は本書を片手に手を動かすことで
実践的な知恵を習得することが期待できる。
実務で知識や経験が”虫食い”状態になりがちな
SEO中級者も本書を精読することで
網羅的に SEO の知見をアップデートすることができるのでは。

推薦したい人

仕事で”SEO “という単語を聞く人全員。

おすすめ度:★★★★★

Chapter1:SEOの基本

ⅰ SEOの必要性
ⅱ 検索エンジンとSEO
ⅲ HTMLの基本構造

Webマーケティングの全体像とSEOの優位点や
SEOと広告の違い、検索エンジンの仕組みや
Search Console の使い方、TD、見出しなど
SEOの”基本概念”を統一するのに有効。初心者必読

Chapter2 マイナス評価を回避するSEO

ⅰ 1URL1コンテンツの原則
ⅱ エラー対応
ⅲ スパム対応

 SEOの施策概念
 ① 守り:マイナスをゼロにする
 ② 攻め:ゼロをプラスにする
 ③ 掛算:1を10にする
 の「①守りのSEO」のパート。
 施策基盤の「整備」や「土台」と言われる部分で
 このパートが徹底できていないと他の施策の効果も出づらくなる。
 システム的な要因で懸念が大きい場合、リニューアルが必要になることも。

Chapter3 サイト構造・リンク構造

ⅰ分かりやすいサイト構造
ⅱ 辿りやすいサイト内部リンク

 「Chapter2」が実装時の注意点中心だったのに対して
 この章は概念的な情報設計のお話。
 中規模以上(数千ページ)のサイトでは必須。
 データベース型のサイトではURL、
 大量のコンテンツがある場合はテーマ構成の設計が重要。

 情報設計はサイトマップやメニュー構成
 パンくずリストやタイトルなど多くの施策に関係するため
 実務上も最初にしっかり考えた方が良い。

 参考書籍
 MECE
 IAシンキング 

Chapter4 Googlebotの制御

ⅰ Googlebotのクロール制限
ⅱ Googlebotのクロール促進

 googlebot の制御に関する章。
 制御方法・パターンや悪質なbotに対する”制御”の話と
 効率的にクロールしてもらうための”促進”のお話。
 クロールしにくい大規模サイトや更新頻度の高いメディアではやりきっておきたい。

Chapter5 セマンティックなマークアップ

ⅰ 構造化マークアップ

 HTMLの情報醸造の話から構造化マークアップの実装手順まで
 Googleが推進する「セマンティックWeb」に対応するための章。
 年々、マークアップできるコンテンツが増えており、
 自社サイトで対応可能な項目はリストアップしておくべき。

Chapter6 サイトの高速化

ⅰ webページの表示プロセス
ⅱ ネットワーク処理の高速化
ⅲ レンダリング処理の高速化
ⅳ キャッシュ活用などの高速化技術
ⅴ 表示速度の計測ツール
ⅵ サーバー処理の高速化

 CDNやhttp/2,Jsの最適化など
 日本はネット環境が整っているため、課題感は大きくないが
 欧米ではWebサービスのKPIとして重要視されているサイト速度。
 SEO観点でもページスピードの議論は必要だが
 ユーザー体験として「遅いより早いほうがいい」をもっと普及させたい。

Chapter7 HTTPS化・モバイル対応・AMP対応

ⅰ セキュリティを高めるHTTPS化
ⅱ 検索行動の過半数を占めるモバイルへの対応
ⅲ モバイルで高速表示されるAMP

 HTTPS、MFI(モバイル対応),AMP は
 ここ1~2年で大きく対応率が上がった項目。
 AMPはビジネス的な実装可否の判断が難しい場合が多いので
 PWAを推奨したい。

 参考URL:
 はじめてのプログレッシブ ウェブアプリ | Web | Google Developers
 https://developers.google.com/web/fundamentals/codelabs/your-first-pwapp/?hl=ja

Chapter8 コンテンツSEO

ⅰ Googleのコンテンツ評価指標
ⅱ 検索クエリとユーザーニーズ
ⅲ 市場調査によるニーズと規模の把握
ⅳ 競合との比較
ⅴ コンテンツの作成 

 Google検索における”品質”の判断基準が最初にあるのが○。
 執筆者観点の”良い文章”と混同しないことが大事。

 SEOの3大トピック、
 マーケティング、コンテンツ、テクニカル で考えると、
 この章で出てくる”マーケティング”は別の章を立てたかった。
 KW収集からグルーピングまでのキーワード選定は
 市場・競合・ユーザーの理解を深めるために重要。
 
 想定流入数やファインダビリティスコアと呼ばれる
 定量数値によるプランニングは解説ページ作ります。 

 内部調査の解説もあるが、コンテンツ制作時に必要な最小限の内容。
 内部調査・分析自体は
 PJT開始時に市場調査とセットで実施することが多いため、
 各観点を網羅的に調査する「内部分析・調査」として解説ページ作ります。

Chapter9 リンクビルディング・サイテーション

ⅰ 外部施策の評価指標
ⅱ 効果的なリンクビルディング
ⅲ SNSでのリンクビルディング

 昔は内部・外部施策で2大施策と言われていたが
 日本では有料・自演リンクの黒い歴史があるせいで
 本来のリンクビルディングを施策できる人が少ない。

 SNSやサイテーション文脈のライトな施策で啓蒙を行い
 関係性構築を軸とした本質的なリンクビルディングが求められている認識。

Chapter10 モニタリング・保守

ⅰ 検索からCVまでのファネルモニタリング
ⅱ ドメインURLの変更
ⅲ 特殊ケースへの対応
ⅳ 変化の時代におけるSEO担当者の役割

 運用フェーズのOODA、PDCAが回っているかで施策の効果が大きく変わる。
 検索流入や順位計測はもちろん、売上貢献度を可視化して、
 事業貢献を”お金”で提示できると以降の施策も展開しやすくなる。

 「SEO担当者の役割」
 1ページだけですが、深く味わいたいページ。

「空想教室」植松 努

最高の自己啓発本「空想教室」をキラーリーディング。

「 キラーリーディング 」の手順
①著者に聞きたいこと/本を読むことで得たい目的を”問い”にする
②16個のキーワードを15分で抽出する
③10分で通読。16個のキーワードから重要な3キーワードを選定する
④”問い”への答えを”メッセージ”にまとめる

「キラーリーディング」については以下の記事をご参考ください

①問い

天職を見つけるために有効なアクションは?

②16キーワード

・諦めない
・小さな自信
・ 思うは招く
・ 思い描く
・ 諦めなければ夢は叶う
・今できないことを追いかける
・まずは自分で試してみる
・お金ではなく知識を貯める
・ 失敗したらどうするか考える
・ 現実:これまで、未来:これから
・ 経験がある人に相談する
・ 楽しそうなことを選ぶ
・ 余力があるうちに次の仕事をはじめる
・ ” なに をやりたいか ” 考える
・ 本当の趣味は自分で作りだすもの
・ 「だったらこうしてみては?」

③3つのキーワード

・”なにをやりたいか ” 考える
 「パン屋になりたい」ではなく、「おいしいパンを作りたい」だと選択肢と可能性が無限に広がる

・今できないことを思い描く
 これまで(過去)のできることではなく、今はできないけどこれから(未来)やってみたいことを思い描き、追いかける

・まずは自分で試してみる
 自分を信じて、自分で考え、自分で試してみる

④メッセージ

できる/できないは気にせず、
自分は”なにをやりたいか” 思い描いて、試してみる。

感想

すごくシンプルなメッセージにまとまりました。
夢を奪う大人や必要ない諦めには注意したいですね。
子供が小学生ぐらいになったら読ませたい一冊です。

「すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術」高橋 政史

本棚の整理をするにあたり、
“「キラーリーディング」で全部 再読してみよう”と、最初に手にとったのが本書でした。

情報収集から資料作成、課題解決まで。
考える仕事に求められる”整理術”のコツが得られる良書。
・ 効率的・効果的な読書を実践するための読書術「キラーリーディング」。
・ 本質を見抜き・シンプルに課題を解決するフレームワーク「Sの付箋」。
・ 16分割したメモにアウトプットイメージを試し書きして、資料作成の時間を短縮する「16分割メモ」などなど

“考える”仕事における
①仮説思考(問を立てる)
②本質を見抜く(思考力)
③説得力(ストーリーテリング)
の重要性を教えてもらえます。

紹介されている7つのフォーマットはいずれも実践的なので、
明日からの仕事が捗るかも。

青の洞窟 2018

青の洞窟 内景
「青の洞窟」と言われた時、何を思い浮かべますでしょうか?
まっさきに思いつくのはイタリア カプリ島の観光名所、
次点でパスタソースでしたが… 青の洞窟 SHIBUYA
http://shibuya-aonodokutsu.jp/ 目黒での開催が手狭になった関係で
最近は渋谷で開催している一大イルミネーションイベントがあります。
渋谷 MODI(旧109)からNHKへ向かう渋谷公園通りが前奏曲。
代々木公園に入ってからの数百mは見事な「青の洞窟」でした。
大人の濃厚イタリアン
青の洞窟をイルミネーションで再現するセンスと
「青の洞窟(パスタソース)」のブランド認知へ繋げるマーケティング力。
日清フーズさんの粋を見ました。 今年のみどころは、Googleの音声アシスタントと連動した
「Google スノードーム」です。
「ok goolge 雪ふらせて」以外の裏コマンド知りたいですね- デートプランの一部に是非

論理的思考力

「論理的思考力」を鍛えたいみたいな会話を聞いていて
ふと「論理的」とはなんなのだろう。と自問自答したのでまとめます。

「論理的」とは

「(正しい)論理にかなっていること」
「論理にかなっているさま。きちんと筋道を立てて考えるさま。「論理的に説明する」「論理的な頭脳の持ち主」」

論理的(ロンリテキ)とは – コトバンク 

「論理」とは

1 考えや議論などを進めていく筋道。
思考や論証の組み立て。思考の妥当性が保証される法則や形式。「論理に飛躍がある」
2 事物の間にある法則的な連関。


論理(ロンリ)とは – コトバンク

論理的とは、「妥当な筋道(組み立て)を経た思考や議論」。
逆の「論理的ではない」思考や議論とは
・ 妥当でない筋道を経た思考 ※1
・ 組み立てられていない思考
・ そもそも考えてない(感覚や思い込み)
→「適切に考えてない」
 ※ 妥当:実際のいろいろな場合によくあてはまり、判断・処置が正当と認められること
   不当:社会通念から逸脱していて、従うことが出来ないと考えられる様子

論理的な思考が必要な理由

「妥当な筋道(組み立て)を経た思考や議論」は必要なのか。
いや「必要でしょ」と反射的に思考停止せずもう少し考えてみます(自戒)。

… 少し Google で調べた感じだと、
「必要前提でなぜ必要か」系の記事はたくさんありますが、
「必要ではない」を主張する記事は見当たらず。
※「必要だが万能ではない」や「もっと大事なものがある」系の記事もいくつか

論理的思考は、会話の中で、双方が同じ方向を向くのに必要。特にビジネスでは。


論理的思考とは何か、なぜ必要かをまとめてみた – 週刊もちもち動物園

が結構しっくりきました。

問:論理的な思考は必要なのか
課題解決や目標達成のために必要であって、それ以外の場合は不要。

論理的思考力の鍛え方

主にビジネスの目標達成や課題解決が目的の”仕事”では、
論理的思考力は不可欠である。とすると、
論理的思考力の鍛え方が大事になります。
また、筋力と一緒で常に鍛えておかないと衰えていくのであれば
定期的なトレーニングが大事になるので、”鍛え方”も調べてみました。

注意点
論理的思考力の話で必ず出てくる
フレームワークの「MECE」や「ロジックツリー」は対象外としました。
各フレームワークを使いこなすために必要な”地頭”の鍛え方に今回は焦点を当てています。

トレーニング①:文章に書いてみる

会話や頭の中で考えているだけだと論理構造や筋道が分かりにくい場合、
思考の過程を文章や図にすることで、矛盾や論点のずれに気づきやすくなります。

複数人での議論も時系列で文章化することで、
話の食い違っているところや論理の飛躍に気づきやすくなるのでおすすめ。

全員が一箇所にいる時はホワイトボードで問題ありませんが、
TV会議などでは、Google スプレッドシートなどのオンラインドキュメントに意見や議事を全員で書き込むスタイルが今どきかも。

トレーニング②:「それで」「なぜ」を繰り返す

事象A から筋道を立てる「それで」
結論B の筋道を逆に辿る「なぜ」
を問うことで、筋道を立てる練習ができます。

何回か問を繰り返すことで、論理の飛躍やループ、破綻に気づけるかなと。

トレーニング③:三段論法の活用

論理的な思考を用いたアウトプットには
「前提」、「根拠」、「主張」の3つが必要です。
何かを考える時各要素を疑い、矛盾やぬけもれを確認することで
筋道の確からしさを点検できます。

トレーニング④:他人の議論を観戦する

会社の会議や twitter などで盛り上がっている議論を観戦するのも
“論理的思考力”のトレーニングは良さそうです。
(参加しない方が客観的に分析できる気がする)

togetter なんかで人気のまとめを探すといいかも!

トレーニング⑤:論理クイズ 1,000本ノック

「論理クイズ」で探すと見つかる専門サイトや書籍を活用する方法。
筋道を立てるよりも、思考力を鍛えるのに有効だと思います。
※1,000本に深い意味はありません

トレーニング⑥:実践

実践に勝る練習なし。実践の経験は場数を踏む意味でも重要かと。
身近な議論に積極的に参加するのが一番の練習方法かもしれません。

場合によっては、論理の展開が早くついていくのが難しいかもしれませんが、
そんな時でも傍観 or 離脱してしまうのではなく
論理展開の大筋だけでも理解しておきたいですね。

まとめ

「妥当な筋道(組み立て)を経た思考や議論」を実践するには
普段から適切な思考を繰り返しておくことが重要だと感じました。
「論理的思考力」を強化して良い仕事をしたいですね。

おすすめサイト:中学生からの論理的思考力と議論の手法 


「イシューからはじめよ」 安宅和人

DSC_0033
2010年 初版、現職Yahoo CSO 安宅氏の一冊。
課題定義(イシュー)の重要性を本書から教えてもらいました。
何かしらの課題解決が仕事な人におすすめです。 本書とはテーマが離れますが
安宅さんの「シン・ニホン」構想もお気に入りです。 “シン・ニホン” AI×データ時代における ⽇本の再⽣と⼈材育成
http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/shin_sangyoukouzou/pdf/013_06_00.pdf

ブックオフのコスパ再考

DSC_0032

久しぶりにブックオフに行ったら安くて感動したという。

Amazon のプライム会員になってから
ブックオフで買い物しなくなっていたのですが
① 少しでもたくさん買うために 新刊じゃなくて中古を買うようになる
② 中古でも色んな本屋でたくさん買うと送料がそれなりに掛かる
という悩みがありまして。

先日、虫食い状態だった漫画を揃えようと
20冊ぐらい中古を漁っていたら、新刊と合計金額があまり変わらない ??
中古でも本屋が違うと1冊 250円ぐらい送料が掛かるので
250円 × 20冊 = 送料¥5,000…
新刊 10冊買えるじゃん。となりました…

そこでふと気づきました。
中古で良いなら送料の掛からない地元のブックオフで買えばいいじゃないかと・・・

早速近くのブックオフまで行って
買い物リスト片手に「転スラ」とか「ハンターハンター」を探してました。
人気作は高めですが、十分節約できたのと、
何気なく眺めたビジネス書コーナーで
Amazonの欲しいものリストに入れていた本を¥108で発見して大歓喜。

検索する機械がないので、欲しい本を探すのが大変でしたが
久々のブックオフは、掘り出し物に会える夢の空間でした。

好きなブログがまたひとつ

清水さんの「長文日記」が最終回を迎えました。

僕がGoogleに衝撃を受けてWeb業界に転職したのが2009年だったので、
9年間、ほんとうにありがとうございました。 ※運営歴は 20年とのこと

似たような喪失感は、老舗ニュースサイトの「まなめはうす」が終了した時も感じていて、お気に入りのカフェが閉店する感覚に近い気がしています。

検索トレンドも2014年頃を境にダウントレンドですし、
SNSとかLINEとかが普及したりで「個の時代」がどうのこうの。
な流れなのでしょうか。
面白いサイトが減っていくの寂しい。

目標設定 大事。

2Qの面談が終了。

チームや個人の課題感が明確になり、
今期の目標達成に向けた各自のアクションも一応出揃ったので一安心しています。

メンバー + ボス + 私 の三者面談で感じた
「 目標設定の精度 」を解消するため、
「目標設定 」研修の題材に

を使用させていただきました。
本書の内容をメンバーの状況に合わせたOW64として事前作成。
当日は本書の概要と事前作成したOW64 解説しながら
各自の目標を作ってもらいました。

時間不足で、「 基礎思考 」と「実践思考」の書き出しが宿題になってしまいましたが、
次回のレビュー会が楽しみです。
チームでやると他メンバーの実践思考が参考になるのが良い感じでした。

4-5年前に原田氏と大谷選手の記事を読んで、
当時のチームで採用した「オープンウィンドウ64(マンダラート)」。
改めて今回、研修に落とし込んでみたら、参加者からも意外と好評でした。
(目標設定の方法まで細かく言われるのは辛いだろうな。と思っていたため)

原田氏の「一流の達成力」については、読書感想文を別で書きますが、
「目標設定のメソッド」と「振り返りの習慣」は、
個人の成長や目標達成に大事だなと改めて実感しました。