「空想教室」植松 努

最高の自己啓発本「空想教室」をキラーリーディング。

「 キラーリーディング 」の手順
①著者に聞きたいこと/本を読むことで得たい目的を”問い”にする
②16個のキーワードを15分で抽出する
③10分で通読。16個のキーワードから重要な3キーワードを選定する
④”問い”への答えを”メッセージ”にまとめる

「キラーリーディング」については以下の記事をご参考ください

①問い

天職を見つけるために有効なアクションは?

②16キーワード

・諦めない
・小さな自信
・ 思うは招く
・ 思い描く
・ 諦めなければ夢は叶う
・今できないことを追いかける
・まずは自分で試してみる
・お金ではなく知識を貯める
・ 失敗したらどうするか考える
・ 現実:これまで、未来:これから
・ 経験がある人に相談する
・ 楽しそうなことを選ぶ
・ 余力があるうちに次の仕事をはじめる
・ ” なに をやりたいか ” 考える
・ 本当の趣味は自分で作りだすもの
・ 「だったらこうしてみては?」

③3つのキーワード

・”なにをやりたいか ” 考える
 「パン屋になりたい」ではなく、「おいしいパンを作りたい」だと選択肢と可能性が無限に広がる

・今できないことを思い描く
 これまで(過去)のできることではなく、今はできないけどこれから(未来)やってみたいことを思い描き、追いかける

・まずは自分で試してみる
 自分を信じて、自分で考え、自分で試してみる

④メッセージ

できる/できないは気にせず、
自分は”なにをやりたいか” 思い描いて、試してみる。

感想

すごくシンプルなメッセージにまとまりました。
夢を奪う大人や必要ない諦めには注意したいですね。
子供が小学生ぐらいになったら読ませたい一冊です。